読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早起きのガンダム好き

ガンダムのことについて考察したり、想いを書きます

ジムコマンド好き!!

ジムコマンド、カッコいいですよね。
あのジム以上ジムスナイパーⅡ未満という微妙な性能。
なんか「ジムコマンド」でもいろいろ機体の性能差があるみたいでそこのところがファンの心をくすぐります。

ここでこの素晴らしき「ジムコマンド」が輝いていたメディアを紹介したいと思います。


第一位
「ブルーディスティニー」

この作品に出てくる部隊「モルモット隊」のジムコマンドはいわゆる「ジムコマンド先行量産型」になるみたいで、性能の方も
「少しだけ本格量産型より高い」か
「本格量産型より低いが、特殊な装備がある」
のどちらかだと思います。
カードゲームや対戦ゲームではモルモット隊仕様というのが出てきていますね。
原作のゲームに出てくる整備の人が
「このジムは特別製」って言ってましたね。
ゲーム内での扱いは微妙。まあしかし、このゲームは血色が悪そう顔をしてですぐキレる蒼いジムが主役ですので、いぶし銀の脇役でもジムコマンドの面目は保たれているでしょうね。

しかし、少し疑問なんですが、どうせならブルーの頭部をジムコマンドの胴体に載せるっていう選択肢はなかったんですかね?
どうみても陸戦型ガンダムよりもコマンドやスナイパーⅡの方が高性能な気がするんですけど……
やっぱり曲がりなりにも「ガンダム系の機体」じゃないとEXAMは耐えられないということでしょうか?
アルフさんはどうにかしてジムコマンドの胴体にEXAMの頭部を乗せて欲しかったです。
そうすればブルーディスティニー(筆者はこの機体も好きです)がガンダムのガの字もない
「強いジム」
になったのに……

注:余談ですが筆者は「強いジム」というのはジムに対する冒涜のような気がします(大きなお世話)



第二位
ギレンの野望シリーズ」

このシリーズのジムコマンド連邦軍の救世主……とまでは言い過ぎですが、おそらく皆様は高性能だけどコストが高いジムスナイパーⅡの穴を埋めるためにジャカジャカ生産していると思います(笑)
一年戦争だけのシリーズでは終盤の主力量産機になっているはずですし、デラーズとかの勢力が出てくるシリーズでも徐々にジム改とかに代替わりされながら


などとリストに並んでいるはずです。
よくギレンの野望シリーズの連邦の主役はジムだと言われていますがまったくその通りですね。

ジムコマンドでスタックしてジオンに当たればドムやゲルググも簡単に落ちる!!(こっちもボスンボスン落ちるけど) 
ガンダムなど不要!!

生産リストに並ぶ

ディッシュ連絡機/1T


の文字を見てるだけで興奮する人間は私だけではないはずです(ディッシュはご愛嬌)

そうしてロールアウトされていく、可愛い我が子(ジムコマンド)達。

敵のゲルグクJ、リックドムⅡとガチンコでぶつかりあうジムコマンド達!!(射程1だからね、ショウガナイネ) 
いけ!! やれ!! ジムコマンド!!
そんなジムコマンドは美しい!!




第三位
ガンダム戦記シリーズ」

なんかこのシリーズではジムコマンドが配備されると

「ほう…… これが新しいジムか」
「今までのジムの1.2倍の性能ですよ」

などという会話が頭に浮かびます。
正直、ガンダムが配備されるより「前線の一兵士」の気分をいつも味わっています。

「これがあればグフとも互角に戦えるかな?」
「いやいや、ドムとも……!」

そして最新のジム(笑)が配備されたあとでも

ジムスナイパーⅡがイカれた! 予備機のコマンドで出るぞ!」
「無理です! コマンドなどでは……!」
「俺が何年(一年戦争だけど)コマンドに乗っていると思っている!? 俺が一番コマンドを上手く使えるんだ!!!!」

って脳内会話をしながらプレステ2の戦記をやってましたよ!


という逆ステップアップも美しい展開ですね。

ガンダムタイプがなくても俺にならやれるさ(キリッ! ドヤッ!!)」

たしかブルーディスティニーのユウがこの展開で一年戦争を戦ったんでしたっけ。



最下位

扱いがよかった試しがないです(涙)
いつもジムより攻撃やら防御やらが1か2高いだけ。
次のジムのステップアップ機以外の役割が全くない。いやまじでほんとにない。
最近では同レベルのジムスナイパーⅡでさえ遠距離攻撃がなかなか使える設定なのに……

武装の豊富さでは陸戦型ジムに負け、攻撃力ではスナイパー系ジムに負け、最近(でもないが)ではストライカーなんて言う接近戦用ジムが出てきてしまい、まさに「特徴というかジムと外見だけ違うのが特徴」になっています(ジムⅡとネモもこの同類に入ります)

ある意味、ポケ戦での扱いを踏襲していると言えますが……

ジェネシスではどうかなって少し期待してましたが……
とは言っても公式で何らかの魔改造設定がない限り救われることはないでしょうね。ああ……



番外編

寒冷地戦用ジム

のデビュー作です。

作中の役割は4機とも「ヤラレ役」

しかし、この作品が無ければ当然ジムコマンド達は世に出ることはなかったのです。

その後、このポケ戦4機たちはブルーディスティニーやギレンの野望などのゲームメディアで徐々に頭角を現し始め、その後、マンガなどにも続々登場して活躍し始めます。

彼らは一年戦争時における「連邦の量産型の系譜」を築いた先駆者達と言えるでしょう。

そしてこれから先も「ジムの子ら」は増え続けることでしょう。ファンのジムに対する愛がある限り。


「……すわ! 俺の時代も来るかな!?(ジム寒冷地戦用)」