読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早起きのガンダム好き

ガンダムのことについて考察したり、想いを書きます

ブルーディスティニー(早起きのガンダム解説)

セガサターンのソフト「ガンダム外伝」に出てきた一年戦争時最高の性能を誇るジム。一応胴体は陸戦型ガンダムのものを使用しているため、ガンダム系とジム系の中間の用な機体と言える。
EXAMと呼ばれる「オールドタイプでもニュータイプ並みの戦闘能力を発揮できる」装置を装備している。
当然、ゲームを初めとするメディアではこの装置を再現しており、主に短時間機体性能(主に機動力と火力)をアップさせる機能となっている。
1号機から3号機存在しており、1番人気があるのが1号機(当然ジム頭なため。あと、陸戦専用なのがかえって人気がある理由でもある)
3号機は機体が白く塗装されており、宇宙空間でも扱える。ガンダム頭なため、外見的には陸戦型ガンダムととてもよく似ている(ただし、そのせいか、人気はブルーのなかでも今一つ)
2号機はジオンに奪取されており、機体こそ蒼いがパイロットの趣味で両肩が赤く塗装されている。この2号機は3号機と塗装以外は同じだが、敵役ということもありメディアでは凶悪なポージングやモーションをよくとらされる。
武装は陸戦型ガンダムとほぼ同じだが、胸部にミサイルが追加装備されている(このミサイルはブルーディスティニーの必殺武器とも言える、EXAM発動時では有線誘導ということもあり、尚更)